2015年8月27日木曜日

バラナシ・ヒンズー大学!!ガンジスガンジス!

チェンナイからBHUまで出張っす!!

バラナシと言えば!

ガンジス川ですね!!


まあまずはBHUの写真でも







綺麗な建物だったけど俺の写真のセンスが皆無wwwww

そんなんでとりあえずガンジス川へ
町を抜けて・・・・
ガンジス川のほとりに到着!!
祈りの儀式
ガンジス川広すぎワロタ!
舟に乗ります!

美人さんも一緒でした

インドの建物って見た目がかっこいいんだよなぁ

夜まで楽しむ


ヒンズー教の聖地なので、一回行ってみると良いかもしれません。
ではではー!

おすすめのページ
インド工科大学の学食
学食その2 
フェニックスマートと日本食屋 
電車40時間の旅







2015年8月25日火曜日

IIT Madrasの学生御用達:ショッピングモール『フェニックスマート』

私がインドに来る直前に、大学の近くに大きなショッピングモールが出来たらしい。

それがショッピングモール「フェニックスマート
日本語訳:「不死鳥市場」である。

なにそれ。かっこいい。

と言うことで、ラボ仲間が連れて行ってくれました。

フェニックスマート

スターバックスやドミノピザ、KFCなんかが入っていて、辛い食べ物に飽きた人におすすめスポットだ。

日本食意外は、本当に何でも揃ってるんだけれど、
混み過ぎ!!人多すぎ!店員仕事遅すぎ!
って感じでしたよ笑
雑貨とか食品とかごちゃごちゃ

お惣菜もあるよ!!
もちろん一番人気はタンドリーチキン。
またカレーかよ!!

総菜コーナーはこんな感じ
ラボメイト<日本料理レストランが有るよ!!
ってことで日本食料理屋「桃山」へ

で、メニューはと言うと。。。。


俺< カレーかよ!!

ラボメン曰く、これはインドのカレーとは全く違うらしい。

でもカレーだよね。


高級料理らしいので雰囲気が高級
で来たのがこれ。
 
カレーらしき食べ物

 今回ありがとうございました!!
ラボメン

インド工科大学 学生寮編

学生寮について書く。

インド工科大学の学生は、ほぼ全て大学敷地内にある寮に住んでいる。
(教授も沢山住んでるらしい)

ということで私も例から漏れず、学生寮に入る事にした。
沢山の学生用の建物が有る中で、私が割り当てられたのはpampaホステルだ。

ホステルは、入学希望を出した時点で勝手に決められている。

7階建てのコンクリ鉄筋。。。鉄筋は入っていると思う建物であり、エレベータがあるので昇降は非常に簡単だった。
(インドでは一階をGフロアと呼ぶので6Fの建物)

ちなみに6階でエレベーターのボタンを押すと二つのエレベーターが同時に上ってくる。

一つしか使わないっつーの!!


インドでは、飲み水が重要なので、全ての階にウォーターサーバーが完備されていて
タダで安全な水が飲み放題だった。(お湯と常温水と冷水が出る)
ライフライン:ウォーターサバー

部屋自体はお世辞にも綺麗とは言えないけれど、そこそこ広くて、机と椅子二個とベッドがある。
ベットに敷く布団は自分で買う。学校内のコンビニでバネ付きの良い敷き布団は8000ルピー、安いやつは1000ルピーで購入出来る。
なお、掛け布団はいらない。アツすぎるので。

部屋の様子:六畳くらいのコンクリ

バケツはシャワーの時に使います

部屋にエアコンは無い。しかし、巨大リゾートレストランとかの天井で回っている扇風機が常に回転しているので、心地よい強めの気流が発生していて思ったより暑くない。
しかし、扇風機をまわさないと死ぬ。。。

レストランとかで見る扇風機

シャワーは温水は出ない。というか水のバルブしか無い。
少し離れた所にある温水器からバケツにお湯を汲んできて使います。

また、日中のシャワーはお湯しかでない。

毎朝と毎晩、インド人学生は部屋から腰にバスタオルを巻いて、シャワーを浴びに行き、びしょびしょのまま歩いて部屋に戻っている。

やたらと気温が高いので体はすぐに乾くから気にしない。

俺の部屋

おすすめのページ
インド工科大学の学食
学食その2 
フェニックスマートと日本食屋 
電車40時間の旅
備忘録: インド工科大学(IIT) 内部を動画で!





インド工科大学の学食は。。。。。

インドへの留学を決めた時、
ご飯はカレーしか無いのかと思った。

と言うことで、インド工科大学のご飯事情について紹介する。
学食は非常に充実している。
3階建ての超デカイ食堂があって、
6000人収容出来るらしい。本当かよ。



一階は南インドの料理二階は北インドの料理三階は非インド料理がでるらしい。
この三つの料理は、それぞれの地域出身者の事と留学生の事を考えて分けられているっぽい。
始めに”CCW”ってとこで契約をすると自由に使えて、食べ放題!!
なお、料金は15日間で1600ルピー(3000円)でめちゃくちゃ安いと思う。

この食堂は、朝、昼、晩とそれぞれ違う料理が出るらしい。

と言う事で全ての料理を体験してきた。

一階の南インド料理 

南インド料理 朝食
南インド料理 昼飯

2階の北インド料理

北インド料理 朝食


体感した感じだと味は違ったけどカレー味だた。昼ご飯と晩ご飯はするーした。
インド人の友達に似た感じの料理だねって言ったら、

”全然違うだろ!! ”
って言われた。どうやら全然違うらしい。

三階の非インド料理については、スパーシーでない食べ物が食べれると少し期待していた。

三階の非インド料理

朝食ー何が食べれるのかなー。。。。

朝食ーカレーリゾットとヨウグルト。
気を取り直して、お昼ご飯はー??

昼飯ー非インド料理(彼ら談)

インド料理だった。。。。

友人に言ったら、
”違うよ!これはインド料理じゃない!”
って言われてしまった。

”じゃあ黄色いこれは何なの?”
って言ったら

”ダルだよ”
って答えていた。

ダルって。。。。ダルカレーの事じゃないか!!!

ってことで、学食ではカレーが食べられる。
そして、ぶっちゃけ飽きる。

また、寮の近くには24H営業のレストランがあって自由な時間に自由にご飯が食べられる。
ここのジュースが超素晴らしく、その場でしぼってくれるライムジュースは30円くらいで、マンゴウジュースは80円くらいで飲めてしまう!
これがメチャクチャ美味しい!!

おすすめのページ
バラナシヒンズー大学・ガンジス川
学食その2 
フェニックスマートと日本食屋 
電車40時間の旅